スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

暗い日曜日

『暗い日曜日』という、1932年にルッツオ・スレスが作曲したシャンソンの名曲です。
この曲を聞いた人が次々に自殺をしてしまったといういわくつきの曲。自殺者は100人以上。
そのあまりの不気味さに世界各国で放送禁止になっているそうです。
聞くと確かに不気味な感じもします。先入観もありそうですが・・・
自殺例、動画、歌詞を載せておきます。


グロ度   ★☆☆☆☆
恐怖度   ★☆☆☆☆
衝撃度   ★☆☆☆☆
トラウマ度 ★★☆☆☆




自殺は絶対だめですよ!


ベルリンで若い女性が首つりで命を絶った。足下には「暗い日曜日」のレコード盤が置かれていた。


ニューヨークでガス自殺した女性が、遺書に葬式で「暗い日曜日」を流すようリクエストしていた。


ローマで、自転車に乗っていた少年が、ふと、浮浪者の前で立ち止まった。少年はポケットの有り金を全て手渡し、フラフラと河へ飛び込み、死亡した。後の調査で、浮浪者はただ「暗い日曜日」を口ずさんでいただけだ、と打ち明けた。


バーで、ジプシーバンドがこの曲を演奏したところ、突然、男二人がその場で拳銃自殺した。


少女が、「暗い日曜日」のレコード盤を抱きしめたままドナウ河で入水自殺した。


バーで飲んでいた初老の紳士が、バンドに「暗い日曜日」をリクエストするなり、店の外に歩き出して頭を銃で打ち抜いた。







Sombre Dimanche
暗い日曜日



Sombre dimanche
Les bras tout charges de fleurs
Je suis entree dans notre chambre
Le coeur las
Car je savais deja
Que tu ne viendrais pas
Et j'ai chante des mots d'amour
Et de douleur
Je suis restee tout seule
Et j'ai pleure tout bas
En ecoutant hurler la plainte des frimas
Sombre dimanche

暗い日曜日
両腕に花をいっぱい抱えた
私は私達の部屋に入った
疲れた心で
だって、私にはもう分かっていたのだ
あんたは来ないだろうと
そして私は歌った
愛と苦しみの歌を
私は一人ぼっちでいた
そして声を殺してすすり泣いた
木枯らしがうめき叫ぶのを聞きながら
暗い日曜日

Je mourrai un dimanche
Ou j'aurai trop souffert
Alors tu reviendras
Mais je serai partie
Des cierges bruleront
Comme un zrdent espoir
Et pour toi, sans effort
Mes yeux seront ouverts
N'aie pas peur mon amour
S'ils ne peuvent te voir
Ils te diront que je t'aimais plus que ma vie
Sombre dimanche

苦しさに耐えかねたら
私はいつか日曜に死のう
生命の蝋燭を燃やしてしまおう
あなたが戻ってきたとき
私はもう逝ってしまっているだろう
椅子に座ったままで
目を見開いて
その瞳は
あなただけを見つめている
でも、どうか怖がらないで
私はあなたを愛しているのだから
暗い日曜日

スポンサーサイト
2013-06-21 : 恐怖動画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

     コメント一覧

コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

※初めて訪れた方は         必ずお読みになってください

ISSI

Author:ISSI
このブログについて

ググるな危険



人気ブログランキングへ

応援お願いします

検索してはいけません

メールフォーム

ご意見、ご感想、リンク切れなどはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。